広告をブロックするプラグインが有効になっている場合、無効にしてから再度お試しください。
LADY~最後の犯罪プロファイル~
LADY~最後の犯罪プロファイル~

LADY~最後の犯罪プロファイル~

Episode1 日本初!犯罪分析のドリームチーム誕生!天才プロファイラーVS紙喰う殺人鬼!哀しき少年神隠しの深き闇 TBS 2011年放送 4月16日(金) 21:59 終了予定

警視庁に新設された"CPS:犯罪行動分析室"に、初の協力要請が入る。夫婦が惨殺され、一人息子が行方不明になっているという事件で、同じような事件が別の場所でも2件発生していた。
新人プロファイラーの香月翔子(北川景子)は、CPS主任・結城晶(木村多江)の指示で寺田毅彦(要 潤)と共に事件現場へ赴く。捜査一課の柘植正樹(ユースケ・サンタマリア)と合流し、ライブカメラと無線を使用してCPSに現場分析を伝える翔子たち。本部は組織的な外国人グループによる犯罪との見方を示すが、翔子は現場で感じた違和感から、先の事件と同一の単独犯と主張する。なかなか分析がまとまらない中、結城の懸念通り捜査本部に犯行声明文が届く。そこには、3件の殺害事件を起こしたのは自分であると記されていた。そして、この声明文を新聞および警視庁のホームページに掲載しなければ引き続き殺人を続けると示唆されていた。
藤堂(小澤征悦)、岡林(竹中直人)、柘植らを中心とした捜査一課の会議にCPSの面々も同席し、声明文を巡って議論が繰り広げられる。結城がプロファイリングを発表する中、声明文の言葉に犯人の気持ちを感じ取った翔子は我慢できず自分の意見をぶつける。勝手な発言を結城にたしなめられる翔子。翌日、捜査本部は翔子の意見通り声明文を新聞に掲載するが、またしても夫婦惨殺事件が起こってしまう・・・。

これまでの放送 有料オンデマンドサイトで過去の放送を視聴いただけます。

LADY~最後の犯罪プロファイル~

LADY~最後の犯罪プロファイル~

あなたにおすすめ

(C)TBS (C)NTV TBS (C)大山誠一郎/実業之日本社/テレビ朝日・MMJ Copyright(c)TV TOKYO Corporation All rights reserved. (C)BS朝日