広告をブロックするプラグインが有効になっている場合、無効にしてから再度お試しください。
プロポーズ大作戦
プロポーズ大作戦

プロポーズ大作戦

#1「甲子園行けたら結婚できる!?」 フジテレビ 2007年放送 7月26日(木) 23:59配信終了

スーツの上着に袖を通しながら慌てた様子で走る岩瀬健(山下智久)。向かう先は、幼なじみの吉田礼(長澤まさみ)の結婚式だ。教会の控え室では、ウエディングドレス姿の礼が親友・奥エリ(榮倉奈々)と思い出話に花を咲かせている。表では、高校時代からのくされ縁である友人たち・榎戸幹雄(平岡祐太)と鶴見尚(濱田岳)が健の到着を今か今かと待ちかまえていた。
なんとか式に間に合った健だが心は晴れない。美しい新婦・礼と新郎・多田哲也(藤木直人)が誓いのキス。健にとって世界で一番好きな人が今、他の男性と結婚していく・・・。幼なじみであるが故に、健は礼への想いをずっと伝えられなかったのだ。
そんな健が、披露宴では二人のためにスピーチまでしてしまう。スライドショーが始まり、スクリーンには幸せそうな二人の姿が次々に映し出される。そして、その隅に写っているふがいない自分の姿を見るうちに、健は強烈な後悔の念に襲われる。「あのころに戻ってやり直したい!」。と、突然どこからか“妖精”を名乗る男(三上博史)が現れ、「そんなに戻りたいなら戻してやる」と、健をスライドに映る過去にタイムスリップさせた!
次の瞬間、健は野球場にいた。2001年7月の甲子園の東京都予選大会の試合中だ。スタンドでは礼やエリたちが応援している。代打の指名を受けてバッターボックスに立った健は、突然ピッチャーの配球を思い出し、フェンス直撃のヒットを放って全力で走る。しかしその時また思い出した。この後、尚が三振して負けるんだ!チームメイトたちの制止の声など聞こえないかのように、躊躇なく三塁を蹴って猛然と走る健。祈るように見守る礼の前で、健はホームベースを踏むことができるのか・・・?!

これまでの放送 有料オンデマンドサイトで過去の放送を視聴いただけます。

プロポーズ大作戦

プロポーズ大作戦

写真提供 フジテレビ Copyright(c)TV TOKYO Corporation All rights reserved. (C)池井戸潤「民王」/テレビ朝日