広告をブロックするプラグインが有効になっている場合、無効にしてから再度お試しください。
警視庁・捜査一課長 season5
警視庁・捜査一課長 season5

警視庁・捜査一課長 season5

第1話 テレビ朝日 4月8日(木)放送分 終了まで1週間以上

IT企業のシステム担当役員・芦田真司(濱津隆之)の遺体が、東京・芝浦の運河で見つかった。事故なのか事件なのか――捜査の開始を告げる捜査一課長・大岩純一(内藤剛志)に、芝浦署で刑事課に配属になったばかりの勝又克樹(鈴木仁)が捜査本部入りを直訴してきた。しかし、聞き込みに出た勝又が目撃情報として持ち帰って来たのは、「犯人を見た」という双子の幼稚園児が描いた2枚の絵。しかも、それらは画用紙全体が真っ黒に塗りつぶされており、小山田管理官(金田明夫)はあきれてしまう。
そんな中、芦田が勤めていたIT企業の社長・蓮見才子(水崎綾女)からクレームが入った。才子は、芦田が開発中のプログラムを社外に持ちだそうとして近々厳しい処分が科せられる予定だったことを明かし、自殺に違いないと強く主張。捜査から手を引けと圧力をかけてきた。そんな才子の様子に、大岩は猜疑の念を抱く。

あなたにおすすめ

(C)テレビ朝日・東映 (C)ytv (C)青木琴美・小学館/テレビ朝日、MMJ (C)テレビ朝日 (C)大山誠一郎/実業之日本社/テレビ朝日・MMJ (C)TV TOKYO (C)カンテレ (C)TBS (C)テレビ東京