広告をブロックするプラグインが有効になっている場合、無効にしてから再度お試しください。
森村誠一ミステリースペシャル 終着駅シリーズ
森村誠一ミステリースペシャル 終着駅シリーズ

森村誠一ミステリースペシャル 終着駅シリーズ

#37 停年のない殺意 テレビ朝日 4月1日(木)放送分 4月15日(木) 23:59 終了予定

夜10時過ぎ――東京・新宿の公園で、文房具メーカー社員・伊庭崇彦(堀井新太)の遺体が見つかった。臨場した新宿西署の刑事・牛尾正直(片岡鶴太郎)は、第一発見者である被害者の妹・晴美(山谷花純)から事情を聴く。晴美によると、夜9時に崇彦のマンションで会う約束をしていたが、インターホンの応答がなかったため、帰りを待ちながら近所をぶらついていたところ、兄の遺体を発見したという。さらに、晴美は気になることを口にする。実は、崇彦は事件の前々日、晴美に電話をかけ、「面白いものを見せてやるから来い。それを見たら最初はケタケタ笑うだろうけど、最後は必ず泣く」と言っていたというのだ。しかし、晴美は、“面白いもの”とは何のことなのかまったくわからないと困惑していた。
まもなく茨城・大洗にある実家を訪ねていたという父親・悌二(尾美としのり)、友人と岐阜・高山に旅行に出かけていた母親・頼子(七瀬なつみ)が駆けつけた。息子の遺体と対面した2人はがく然とするばかりで、崇彦が言っていた“面白いもの”に心当たりはないという。牛尾たちは崇彦のマンションを調べるが、何ひとつ引っかかるものはなかった。ただ、晴美と食べるつもりだったのか、冷蔵庫には4等分にカットされた細長いケーキが残されていた…。

(C)テレビ朝日・東映 (C)NTV 写真提供 フジテレビ (C)テレビ東京 (C)「高嶺のハナさん」製作委員会2021 (C)2021東海テレビ/The icon (C)「珈琲いかがでしょう」製作委員会 (C)「生きるとか死ぬとか父親とか」製作委員会 (C)テレビ朝日 (C)「理想のオトコ」製作委員会